《一話》だっさい家庭科教師登場01

        #次話>>



 あたし、都千代子みやこ ちよこ。この春から高校三年生になったばかりのかわいい女の子(ハート)。
 ……自分で「かわいい」と言っている時点でかわいくないわよね。
 ええ、残念ながら容姿は人並み、お菓子作りが好きでお菓子をよく食べるから他の子たちより少しぽっちゃりなのが玉に瑕。
 母を早くに亡くし、製菓会社に勤務する父に育てられたので必然的にお菓子大好きな子に育ってしまったのがそもそもの原因なのよ、この体型は! しかも、なんの因果かお菓子の日である二月十五日に産まれちゃったものだから、名前なんて由来は「チョコレート」からですってよ、奥さん!
 ……ってだれよ、奥さんって。
 ひとり漫才はむなしくなるからこのあたりにしておいて、と。

 あたしは「聖マドレーヌ女学院」という女子校に中学から通っているんだけど、少子化の波に押されてこの四月から残念(?)なことに「聖マドレーヌ学院」と名を変えて、共学になってしまったの。他の子たちは「男がくるー!」と喜んでいるけど、あたしはパスしたい。男の子って乱暴でがさつで遠慮がないから苦手。

。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。.。:+* ゜ ゜゜ *+

 憂鬱な気持ちで春休み明けの学校に出かけるあたし。

「チョコ、おはよー。朝から相変わらずな顔をしてるわね」

 相変わらずで悪かったわねっ! ムッとしながら挨拶をする。

「おはよう、朱里」

 あたしに声をかけてきたのは小学校からの悪友・花村朱里はなむら あかり。あたしとは対照的な細身の体型で、うらやましい。そして明るく活発だから、男女問わず人気がある。……と言っても、学校は女の子しかいないから、男の子から人気がある、というのは小学校の時の話ね。
「今日、始業式の後に入学式があるじゃない。それで、新入生もちらほら見かけたんだけど、結構かっこいい子が多かったよ」
 朱里はそういうけど、どうでもいい。あーあ、男の子がいないからここにしたのに、卒業前の年になってどうして共学にしてくれるのかな、この学院は。

「チョコが男の子苦手なのは分かったけど、将来結婚とかどうするのよ?」
「……そんなもの、しないわよ」

 朱里は苦笑いを浮かべ、

「だけどそういう人の方がいきなり情熱的な恋に陥ってソッコーで結婚したりするのよね」

 と訳知り顔で言っている。そんな事例、どこにあるのか教えてよ。

「だけどチョコ、お父さんも苦労してあなたをここまで育てたんだから、嫁のひとつやふたつ、行かないと泣くよ?」
「……朱里さま、仮に嫁に行くのなら、一度だけで結構でございます」

 あたしの突っ込みに朱里は笑う。

「あはは、うちのママみたいにバツ三くらいいかないと」

 とあっけらかんに笑うけど、それもどうかと……。

「人生、恋をしてなんぼ!」

 そんな母の元に育てられた朱里は、確かに恋多き乙女だ。通学中の他校の男子生徒と目があっただけで恋に落ちてすぐに振られたり、痴漢されたサラリーマンに告白して怖がられたり……。とにかく朱里は突っ込みどころ満載なことをしていて、見ているあたしはいつもはらはらしてしまう。

「どこかに白馬に乗った王子さま、いないかしら~」

 といつもの口癖をつぶやき、朱里は席に戻って行った。時計を見ると、そろそろ始業のチャイムが鳴る時間のようだった。

「体育館に移動してくださーい」

 高校三年は大学受験があるからクラス替えがなくそのまま持ち上がりというのもあり、去年クラス委員をしていた片田かたたさんが叫んでいる。今年も彼女がクラス委員になるのかな?
 朱里と一緒に取り留めのない話をしながら体育館に移動する。中に入ると背の順で並ぶように指示をされた。あたしはクラスの真ん中くらい、朱里は背が高いので後ろの方に並ぶ。いいなー、あたしも後ろの方に並んでみたい。なんとなく憧れをもって朱里のいるあたりを見る。
 ぞろぞろと集団で先生が体育館に入ってくる。その中に、見覚えのない白衣の男の先生が目に入ってきた。あれ? あんな先生、この学校にいた?
 疑問に思ってよく見ようとしたけど、先生の集団は移動して視界に入らないところへ行ってしまった。先生たちが前に到着すると、始業式が始まった。
 校長の挨拶って長ったらしくてつまらなくて退屈。そんなもの、要らないじゃん。と思っていたら、あたしの前に立っている子がぐらぐらと揺れ、その場に崩れ落ちそうになっていた。
 ひ、貧血っ!?
 あせってその子をつかみ、床に倒れこむのを阻止した。そのままその子を抱きかかえるようにして列を抜け、一番後ろまで半ば引きずるように連れて行った。

「渡辺さん、大丈夫?」

 体育館の一番後ろに連れて行き、壁にもたれかからせるように渡辺さんを座らせる。

「ああ、チョコちゃんごめんね。わたしなら大丈夫だから」

 渡辺さんは真っ青な顔をしてそう言っている。いやいや、大丈夫なわけないでしょう!?

「渡辺さん、立てる? 保健室に行って休もうよ」

 あたしの言葉に渡辺さんは首を振る。

「あはは、今日、一日目だから貧血。だから大丈夫」

 えええい、どこが大丈夫なんじゃいっ!

「貧血にはチョコレート!」

 あたしは上着のポケットに隠し持っている一口チョコレートの入っている箱を取り出した。

「え、あ」

 戸惑う渡辺さんの口に無理やりチョコレートを放り込んでやった。

「んもう、最近の若い子はダイエットダイエットって渡辺さん、朝ごはん、ぬかしてきたんでしょう!? だめよ、女の子はきちんとご飯を食べておかないと! 将来、子どもができた時、大変なんだからね!」

 ……自分で言っておきながらなんだけど、どこのおばちゃんよ、あたし。渡辺さんがびっくりした顔であたしを見ている。

「チョコちゃんって……面白いね」

 あたしは面白くもなんともないわっ!
 渡辺さんは口の中のチョコレートを食べきってからあたしに聞いてきた。

「ところで、チョコレートって貧血に効くの?」
「どこまで本当かは知らないけど、それなりには効くみたいよ。チョコレートは鉄分を多く含んでいるからいいらしいよ。それに、ダイエット効果もあるとか」

 本当にダイエット効果があるのなら、あたしなんて今頃、ナイスバディの予定なんだけどね……と心の中で呟いておく。あたしの場合はお菓子の食べすぎ、というのが一番大きいから、本当はそういう効果があるのかもしれない。だけどあたしの適当な話に渡辺さんは感心したようにうなずいている。嘘ではないはずなんだけど、ちょっと後ろめたい。
 チョコレートが効いたのか、さっきまで真っ青な顔をしていた渡辺さんの頬にうっすらとピンクの色が戻ってきて、ほっとした。

「ありがとう、チョコちゃん」

 急にどよどよというざわめきに現実に戻された。そうだった、今は始業式の最中だった。すっかり忘れていた。ふと生徒たちの方に目を向けると、みんなの視線は舞台に注がれている。
 どよめきの原因はそこにあるようだったが、あたしは渡辺さんの横にしゃがんで座っているので、もちろん見えない。気になりつつも立ち上がってみたとしてもあたしの背の高さでは見えないことが分かり、諦めた。

『始業式は終わりにしますが、このまま入学式に移ります~。椅子の準備を全員でしてください』

 という先生のアナウンスにぞろぞろとパイプ椅子がしまわれている舞台下に移動し始めた。

「入学式、出られないでしょ? やっぱり保健室に行こうよ」

 あたしの言葉に渡辺さんは力なくうなずく。
 ぞろぞろと先生たちの集団があたしたちの横を通り過ぎようとしていた。その中から先ほどちらりと見えた白衣を着た見覚えのない男の先生が出てきた。

「どうした、貧血か?」

 あたしはその先生を見上げた。
 うっわ、だっさ!
 あたしの第一印象はそうだった。
 ぼさぼさの黒髪にいまどきまだこんな眼鏡を売ってるの? という黒ぶちの大きな眼鏡、白衣の下はワイシャツを少し着崩している……といえば聞こえはいいけどアイロンの掛かっていないしわしわのシャツ。なんだこのマッドサイエンティスト風な人は。
 思わず身体をこわばらせた。

「大丈夫です。今から歩いて保健室に行きますから」

 渡辺さんはそう言って壁にもたれかかって立ち上がろうとした。

「無理するな」

 ぼさぼさマッドサイエンティスト……略してぼさマッド、われながらひどいネーミングだ……は渡辺さんに近づき、その見た目によらず力があるようで、ひょい、と軽々と抱っこ──いわゆる、お姫さま抱っこ──してすたすたと歩き始めた。

「おれ、ここに来たばかりで分からないから保健室まで案内してもらえる?」

 ふと振り返り、ぼさマッドはあたしにそう言っているようだ。

「あたし?」
「そう。そこのチョコレート色の頭の子」

 あたしは髪の色を指摘されて、ムッとする。
 だけど今はそのことに突っ込んでいる場合ではないことに気がつき、ぼさマッドの前に立ち、保健室に案内することにした。
 先生方の集団は成り行きを見守るだけで特になにも言ってこなかった。うーん、このことなかれ主義体質な教師たちめ。
 あたしは保健室まで案内しながら考える。
 このぼさマッド、見た目はアレだけど、かなりやさしい人らしい。たぶんあの集団の先生たち、あたしたちのことが目に入っても声さえもかけてこなかったに違いない。
 なんたってことなかれ主義な先生集団だからね。中には熱血教師もいるにはいる。だけど最近は生徒に対して腫れものを扱うような先生ばかりのようで、問題が起こっても避けようとする傾向にあるような気がする。
 あたし、学校選択を間違ったのかなぁ、とたまに悩むけど、他の学校に行った子たちの話を聞くと、まだましなようだったから……仕方がないのかなぁ。

「保健室はここです」

 あたしはドアを開け、ぼさマッドが入りやすいようにした。

「ありがとう」

 渡辺さんを抱っこしたまま、中に入っていく。後を追って中に入る。

「先生、いらっしゃいますか?」

 保健室の先生、いたためしがないのよね。……と言ってもあたしは健康優良児で保健室なんてめったにこないからたまたまなのかもしれないけど。

「先生、まだ戻ってないと思うわ」

 渡辺さんはようやくお姫さま抱っこから解放されたらしく、真っ赤な顔をしながらも教えてくれる。

「いつものことだから、大丈夫。わたし、ベッドで少し休んでます」

 渡辺さんはテーブルの上に置かれた用紙になにかを記入して、ベッドまで行ってカーテンを引いた。
 今から始まる入学式のために体育館に戻るしかなかった。

「ちょっと待て、そこのチョコレート」

 保健室を出ようとしたところ、ぼさマッドに腕を掴まれて止められた。

「なんですか」

 ムッとしてぼさマッドを見上げる。この人、結構身長があるんだ。とどうでもいいことに気がつく。

「今から入学式ですよ?」
「どこであるんだ?」
「先ほどの体育館で始業式に続けてやるようです」

 あたしの言葉にぼさマッドは片手をあげて

「ありがとう」

 と呟いてさっさとひとり、保健室を出て行った。
 なんだあの先生?



        #次話>>





しおりをはさむ


Twitterでつぶやく。

webclap 拍手返信
inserted by FC2 system