《七話》ライバル登場!?01

0 目次   <<前話*     #次話>>


 月曜日。朝一番でやっぱり苦手な数学。それでなくても月曜日の朝ってなんだか憂鬱なのに。勘弁してほしいわ。

 土曜日は水族館から帰ってきたら那津が夕食の準備をしてくれていた。デートを邪魔してきたことに対して文句を言おうと思ったけど、そんな殊勝なことをしてくれていたらなにも言えなくなった。……計算ずくなのが余計に腹ただしかったけど、圭季さんはかなりほっとした表情をしていたし、まあいいか。
 ふたりの邪魔にならないように行く前に準備していたアイスボックスクッキーを冷凍庫から取り出して切り、隙間をぬうようにしてオーブンに入れて焼き始めた。そうなると焼き終わるまで出番はない。手伝おうとしたら那津に邪魔された。

「千代子さまは座ってお待ちくださいませ」

 ふたりが働いているのにあたしひとりが座って待つなんて、無理!どうあっても手伝おうとするあたしと手伝わせてくれない那津。

「チョコ、那津は一度言い出したら聞かないから。部屋で宿題でもしてきたらどうだ?」

 圭季さんの言葉に渋々部屋に戻る。宿題ならもうすませたんだけどなぁ。昨日しようと思ってしていなかった英語の予習をするか。
 教科書と辞書を取り出し、ノートに英文を写し取る。英語の教科書に載っているお話って面白くないよねぇ。もう少し面白い物を載せてくれたらやる気も出るのに。推理物だとかさ。……無理か。
 分からない単語を辞書で調べて訳そうとしたところで那津がご飯だと呼びに来てくれた。
 父と四人でご飯を食べる。今日のデートはどうだったかと聞いてきたから話をする。那津がからかいのつっこみを入れてくるかと思っていたけど、静かだった。なんだか気持ちが悪い。
 ご飯を食べ終えて、やっぱり今日も那津は横に立って両手を差し出してかわいく首をかしげてきた。はいはい、今日はたくさんありますよ。父用にもと思い、四等分して紙ナプキンに包んでいた物をすべて持っていこうとしていたのであわてて止める。独り占めするなっ!
 父が笑ってどうぞ、と那津にあげていた。最初きょとんとして包みを見て、次の瞬間には本当にうれしそうににっこり笑っている顔を見て、ちょっとどきり、としたのは秘密にしておこう。屈託のない年相応の笑顔がかわいくて、不覚にもどきどきしてしまった。
 圭季さんがいながらなんて浮気者なのかしらっ!それもこれも間近にいい男がふたりもいるからいけないのよっ!
 ……贅沢な悩みか。
 自分のクッキーは明日食べようと思い、いつもの場所に置いておく。それが次の日の朝にけんかの原因になるとも思わず。

。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。.。:+* ゜ ゜゜ *+

 日曜日。
 ついつい休みの日だと朝寝坊。起きて時計を見ると、すでに十時を過ぎていた。ぼさぼさ頭でパジャマのまま水分がほしくていつも通りにキッチンへ。棚から自分用のカップを取り出し、冷蔵庫を開けてお茶を注ぐ。そして昨日片づけたクッキーを食べようといつもの場所を開けると──。

「ない」

 お茶を一口飲んで冷静に考える。昨日の夜、間違いなくここに入れた。黒い頭のネズミがいるな……。

「おはようございます、千代」
「なーつー!」

 那津の言葉にかぶせるようにして振り返る。

「あたしのクッキー、食べたでしょうっ!?」
「なんのことでございますか?」

 しれっと言うけど、間違いなく犯人は那津だ。

「寝る前に食べたら太るから我慢して、朝起きてから食べようと思った乙女心を思い知れっ!」

 悔しくて那津にパンチを繰り出したけど、こんなへなちょこが当たるわけないのは分かっている。那津は当たり前のように涼しげな表情でひょい、と避ける。そればかりかあたしがパンチしようと出した手を優雅に手に取り、手の甲にキスをして、

「おはようございます。朝からそんなに怒るとしわが増えますよ?」

 だれのせいで怒っていると思っているんだっ!?
 毎度のことながら高見の見物をしているかのようなこの態度と那津にクッキーを食べられた恨みがふつふつと心の底からわき上がってきた。

「食べ物の恨みは恐ろしいのを思い知らせてやるっ!」

 カップに入れたお茶を一気に飲み干し、だんっと音を立ててテーブルに置く。

「お行儀が悪いですよ、千代子さま」

 あー、腹が立つっ!
 どすどすと足音をたてて部屋に戻る。
 朝ご飯を食べてないことに気が付いたけど、キッチンに戻るとまた那津と顔を合わせるかもしれないと思ったら戻りたくなくてもう一度ベッドに潜り込む。ふて寝してやるっ!
 ……結局夕方頃まで寝てしまい、日曜日はそうして無為に過ごしてしまった。シュークリームを作ろうと思っていたのに。




0 目次   <<前話*     #次話>>





しおりをはさむ


Twitterでつぶやく。

webclap 拍手返信
inserted by FC2 system