《十五話》卒業式、そして……01

0 目次   <<前話*     #次話>>



 そしてやってきた卒業式。
 三月十四日。なんでよりによってホワイトデーなのよ。
 と思っていたら。前の日からどうにも身体がだるい。卒業式を明日に控えた夜のこと。

「チョコ、熱があるんじゃないのか?」

 と圭季がおでこに手をあてる。

「チョコ、部屋に行って寝ていろ」
「えー、大丈夫だよ」

 気のせいかふらふらするような気もするけど、それは気のせい。部屋に戻りたがらないあたしに圭季は少しいらだっていたけど、だって……。もう少し話がしたかったんだもん。
 ソファに座らされ、体温計を渡された。熱なんてないよ。それでもしぶしぶ測ってみる。
 しかし。

「おれの目には三十八度、と見えるんだが?」

 あらやだ。あたしったら卒業式の前の日に熱なんて出しちゃってやだわ。
 圭季はあたしをひょい、とお姫さま抱っこで部屋に連れていく。

「歩けますっ! 自分で歩いて部屋に戻ります!」

 恥ずかしいからっ! お願いします、おろしてっ!

「だーめ」

 と言って部屋まで連れてこられ、ベッドに寝かされた。

「氷枕作ってくるから、大人しく寝てるんだよ?」

 まるっきり、子ども扱い。ひどいよ、圭季。
 ボーっとしている頭で明日の卒業式は欠席かぁ、とぼんやり考える。
 ひとりでさみしく寝ていることしかできないのか……と思うと、ものすごく悲しくなってきた。

「チョコ?」

 氷枕を用意して来てくれた圭季が布団をかぶってぐすぐす泣いているあたしを見て、ものすごいあせっている。

「どうした? 苦しい? 辛い?」

 あたしは首を横に振る。

「明日の卒業式に出られないのが悲しくて」

 圭季はあたしの頭をぽふぽふ、となでて

「熱が下がったらおれとふたりで卒業式をすればいいじゃないか」

 なんて言うものだから、余計に泣けてきた。

「明日は仕事を休んで一日看病するから、ね」

 あたしはその言葉に驚き、思わず起き上がる。

「だっ、大丈夫だよ! 寝ていれば治るから。あたしのためにお仕事休ませるのなんて、悪いよ!」
「いや、気にするな。明日はチョコがいないと意味がないから」

 と意味深なことを言われたけど、急に起き上がったのと熱のせいで頭がくらくらして結局そのまま、布団に倒れこむ。

「ほら、無理しないで。ゆっくり寝ていて」
「うん……」

 氷枕をしてくれて、圭季はどこからか持ってきた布団にくるまってあたしの枕元に座っている。

「寝るまで側にいるから、心配しないで寝て」

 そう言われ、素直に目を閉じる。
 ああ、久しぶりの熱にくらくらするよ。

「おやすみ」

 ひたいに柔らかな感触がして、圭季がキスをしてくれたのが分かった。
 この扱い、まるっきり子どもじゃない。
 だけど、あたしはそのまま眠ってしまったようだった。ふと気がつくと、部屋の中はすっかり明るくなっていて、寝る前に枕元にいたはずの圭季はいなかった。
 今、何時なんだろう? 壁にかかった時計を見ると、もう少しでお昼になりそうな時間だった。

「チョコ、目が覚めた?」

 圭季がトレイになにかを乗せて部屋にやってきた。

「さすがにお腹がすいてるだろう?」

 そう言って持ってきたのは、どうやら食べ物らしい。机に置き、起きようとしたあたしを手助けして起こしてくれる。

「学校には休みの連絡を入れておいた。熱が下がったら一度、学校に来るようにと言われたよ」

 起き上がると少し身体がだるかったけど、昨日よりはだいぶ調子がよいようだった。体温計を渡され、熱をはかると下がっていた。
 用意してもらっていたおかゆをぺろりと食べて圭季に呆れられた。だって……お腹がすいてたんだもん。
 薬を飲み、まだ寝ているように言われたので寝転がっていたら、いつの間にか寝てしまっていたらしい。学校から帰ってきた那津に夕食だと起こされるまであたしは眠っていたらしい。
 熱をはかると、すっかり下がっていた。
 なんだったの、昨日の熱は?
 この様子だと、明日には行けるかなぁ。明日は終業式らしいから、行けるといいな。
 夕飯も圭季が呆れるくらい食べた。
 お風呂も入り、少し早いと思いつつも布団に入るとあっという間に眠ってしまった。








0 目次   <<前話*     #次話>>





しおりをはさむ


Twitterでつぶやく。

webclap 拍手返信
inserted by FC2 system