【一章】迷惑な居候

0 目次   <<前話*     #次話>>


★【一章】迷惑な居候《五》★

     § § § § §

 台所から追い出された鴉は、その足で本堂へと向かった。
 裏口から中を覗くと、ちょうど夕方のおつとめが終わったところだったようだ。

「どうした、鴉。入ってこないのか?」

 その声に、鴉は素直に本堂へと足を踏み入れた。

「そんな顔をして、彩名となにかあったのか?」
「ああ、怒られた」
「怒れた?」

 秀道はいぶかしげな表情をして、鴉を見上げた。
 鴉は困惑した表情で、秀道を見ている。

「台所で彩名がご飯を作っているところを見ていたら、手伝えと怒られた。だからなにかを手伝おうとしたんだが、なにをすればいいのか分からなくて、輪切りのキュウリが美味しそうだから手を伸ばしたら、叩かれて、また、怒られた」

 鴉と彩名のやりとりを知り、秀道はおかしそうに肩をふるわせて笑い始めた。

「なにがおかしいんだ。俺は手伝おうとしたのに」
「彩名のことだから、『ただ飯食い』とでも言われたか?」
「……なんで分かるんだ」

 鴉のむすっとした言い方に、秀道はますます笑い声を上げた。

「はっはっは……。ああ、ご本尊さまの前でこんな大声で笑ってしまうなんて。これは失礼」

 秀道はそういいながら、合掌をした。

「あの子が言いそうなことだからだよ」
「そう……なのか?」
「わしがそう、育てたからな」
「じいさんのせいかよ……」

 はあと息を吐き、鴉はどかっとその場にあぐらをかいた。

「鴉よ」
「……なんだよ」
「おまえ、なにか仕事をしておるのか?」
「仕事? んなもん、あるわけないだろう」
「それならば、本当にただ飯食い、だな」

 鴉は居心地が悪いのか、ボリボリとぼさぼさ頭を掻いた。

「ここに来るまで、どうしていた?」
「どう、というのは?」
「住まいは?」
「そんなの、適当だよ、適当」
「ふむ。飯は?」
「俺は基本、食わなくても大丈夫なんだよ」
「ほう。ならば、わしの昼飯を奪うようにして食べた?」
「……美味しかったんだよ! なんだよ、悪いかっ? あれ、彩名が作ったもんなんだろう?」
「ああ、そうじゃな」

 そこで秀道は目を細め、鴉を見た。

「どうした、あれで彩名に惚れたのか?」
「惚れた……。そうだな、彩名の作る料理に、だな」
「また、強がりを。男というのは美味しい料理を作る女子おなごに弱い。わしもばーさんの作った味噌汁に惚れて、結婚を決意したもんだ」

 秀道はそのことを思い出したのか、目を細め、宙を見つめた。

「男を振り向かせるには、胃袋を掴めとはよく言ったものだ。まあ、彩名はそのつもりはまったくなかったみたいだがな」

 ほっほっほ、と秀道はおかしそうに笑った。それを聞き、鴉は目をすがめた。

「つーってもよぉ。じいさんは人間ではない俺に、大切な孫娘を取られて、いいのかよ?」

 戸惑ったような鴉の声に、秀道はさらに目を細めた。

「まあ……いいか、良くないかで言えば、良くないが……。こんな言葉がある。『人の恋路を邪魔する者は、馬に蹴られて~』というからな」
「じいさん……そういう問題なのか?」
「わしがここでダメだと言ったとしても、運命の赤い糸でおまえたちは結ばれているのだろう? 凡人であるわしがいくら抗ったところで、覆せるものではない」

 あまりにも理解が良すぎて、いや、むしろ推奨しているような言い方に、鴉はどうにも納得がいかない。

「そもそも、彩名が赤い糸が視えるというのを信じているのか?」
「疑ったところで、それが嘘だという証明はわしには出来ない。それに、彩名が嘘をつくような子だと思えない」

 秀道はどうやらずいぶんと孫娘を信頼しているようだ。

「彩名のことを疑うってことは……?」
「疑って、どうする? 今では彩名にとって、わしは唯一の肉親だ。……まあ、父方の血縁者はまだ存命みたいだが、交流がまったくない。わしが彩名を疑ったら、心のよりどころはどこになる?」

 鴉はふっと昏い笑みをたたえた。

「……いい関係を築いているんだな」
「そうだな。すべては御仏さまのなすがままに」

 秀道はまた合掌すると、立ち上がった。

「さて、そろそろ夕飯が出来る頃だ。手伝ってやらんと、彩名がへそを曲げるぞ」

 鴉も秀道に促され、立ち上がった。

「おお、そうじゃ。その作務衣はどうだ?」
「ああ、悪くない」

 秀道は鴉を上から下へと眺め、うなずいた。

「そうだの。まだ奥を探せばあったと思うから、明日また、探してこよう」

 昨日まで着ていた汚れてすり切れていたジーンズとシャツでうろうろされると困ると思った秀道は、方丈の奥にしまい込んでいた作務衣を出して、鴉に渡していた。
 鴉は受け取ると、すぐに着替えてくれたようだ。
 秀道には息子がいたが、鴉は上背もあるし、幅もあるので残していた服は合わなかったのだ。

「おい、じいさん」
「なんだ」
「彩名にただ飯食いと言われたから……俺、自分の作務衣くらい、自分で探す」

 彩名に『ただ飯食い』と言われたことが相当効いているのか、鴉がそんな殊勝なことを言ってきたので、秀道は笑った。
 鴉は秀道が笑ったのを見て、つまらなそうに顔を歪めた。

     § § § § §

 鴉が食卓に加わっただけで、彩名はどうにも落ち着かなかった。
 普段なら、夕食を食べながら、秀道に学校での出来事を話すのだが、今日は鴉がいるというだけでなんとなく彩名は口を開けずにいた。
 いつもは秀道と向かい合わせで食事を摂っているのだが、その横に鴉が座って黙々と食べている。
 とそこで、彩名は鴉が昨日と違う服を着ていることに、ここで気がついた。

「あれ? それって作務衣?」

 昨日の浮浪者のような服の時は思わなかったが、こうして作務衣を着ていると、少しはまともに見えるから不思議だ。

「ああ、あんまりにも着ていた服が汚かったからな」

 鴉はそういいながら、豆腐の味噌汁をすすった。

「お、美味いな、これっ」

 がつがつという音が聞こえそうなくらいにかき込んでいて、彩名は呆れた。

「なんだか鴉って、子どもみたい」
「あん?」

 鴉は傾けていたみそ汁茶碗から口を離し、彩名を見た。

「つまみ食いしようとするし、がっついて食べてるし! 昨日、わたしのこと乳臭いって言ったけど、あんただって充分、ガキですからっ!」

 彩名は残っていたご飯を口に放り込むと、

「ごちそうさま!」

 と叫んで空になった食器をかき集めると、流しに置いた。

「後で片付ける! 先にお風呂!」

 彩名はそう言い捨てると、庫裏から出て行った。

「……なんだ、あれ?」

 唖然とするのは、鴉だ。

「さあなあ」

 秀道は面白そうに、彩名が去って行ったところを目を細めて見つめていた。




0 目次   <<前話*     #次話>>




しおりをはさむ


Twitterでつぶやく。

拍手返信 拍手返信




inserted by FC2 system