【一章】迷惑な居候

0 目次   <<前話*     #次話>>


★【一章】迷惑な居候《十五》★

     § § § § §

 十一時過ぎに予定通り、午前中の坐禅講座は終了した。
 本堂内がいつもよりもざわめいているような気がするのは、女性が多いからだろう。
 秀道は一礼をすると、本堂から出て行った。
 講座参加者が本堂でしばしの間、歓談するのは特に困るようなことはないため、後は参加者の意思に任せておくことにした。

「あの……!」

 そうやって出て行こうとした秀道を、一人の少女が呼び止めた。
 秀道は立ち止まり、少女に視線を向けた。
 淡い桃色のパーカーを羽織った少女だった。

(今日、一番に来てくれた子か)

 講座中、秀道の話を何となくで聞いているように見えたため、終わって呼び止められるとは思わなかったのだ。

「なんでしょうか」

 振り返るとき、堂内を見回してみたが、すでに鴉は本堂から出て行ったのか、見当たらなかった。
 もしもこの子に青い糸がついていたとき、どうすればいいのかと悩んでいると……。

「あのっ、あたし、彩名ちゃんと同じクラスの綾井知穂と申します」

 そう名乗ってきたのを聞き、秀道は目を細めた。

「ああ、あなたが知穂さんでしたか」

 夕食時、彩名から学校の様子を聞いていたのだが、その中でよく名前の挙がる子だった。話を聞く限りでは少し変わっている子なのかと思っていたが、こうしてみると、どこにでもいそうな普通の少女だった。

「あの、彩名ちゃんはいますか?」

 そこで秀道は気がついた。
 この子は彩名に会うために講座に参加をしたのか、と。
 なるほど、と秀道はうなずき、笑みを浮かべた。

「彩名なら、裏で掃除をしておるよ」
「掃除……ですか?」
「もう少ししたらお昼になるが、知穂さんも食べていくかい?」

 その誘いに、知穂はあからさまに表情を変えた。

「あのっ、いいん……です、か?」

 戸惑いの声を上げているが、歓喜に満ちている。

「あまり大したものは振る舞えないが、それでもよいのなら」
「…………」

 知穂は少しだけ考えていたようだが、すぐににっこりと笑みを浮かべた。

「お邪魔させていただきます!」

 たぶん、知穂はどうやって彩名と会おうかと悩んでいたのだろう。まさか秀道からそういう誘いがあるとは思っていなかったようで、そのことで戸惑っていたようだ。

「それでは、ご案内いたしましょう」

 そう言って、秀道は知穂に先立ち、歩き出した。知穂は慌てて秀道の後に小走りでついて来ている。
 この後、ちょっとした修羅場になることに、このときの秀道は知らない……。

     § § § § §

 鴉は坐禅講座の講座部分の時まで、堂内で気配を殺して様子を見ていた。

(やけに女が多いな……。普段からなのか?)

 大半の参加者が実は『噂の客人』である鴉見たさにやってきていたことを知らない鴉は、不思議な光景に首を傾げていた。
 堂内にいて、青い糸が付いている人を探さなくても良さそうなのに、鴉は律儀に秀道に言われたことを実行していた。

(意外にいないもんなんだな)

 あれだけ町中に青い糸がばらまかれていたのだ。一人くらい餌食になっている者がいても不思議はないのに、だれの指先にも青い糸はなかった。
 秀道は坐禅の取り組み方を説明している。

(──つまらんな)

 鴉は役目は終わったと言わんばかりにそっと堂内から外へと出た。
 そして回りにだれもいないことを確認すると、とんっと地面を蹴り、本堂の屋根へとのぼった。いつものように、瓦の上に大の字に寝転がった。

(あー、昼はまだかな)

 朝食もしっかり食べたはずなのに、鴉のお腹はすでにぐーっと鳴っている。

(見た目が好みだったら、問題なかったんだがな……)

 鴉はそうして、一人の女性を思い出した。しかし、どうしてだろう、前はあんなに鮮明に思い出せていたのに、今ではぼんやりとしか思い出せない。

(あんなに愛していたのに……忘れてしまうなんて)

 そのことに気がつき、鴉はぶるりと震えた。

(死んでも忘れないと……誓ったのに。『赤い糸』はあいつと繋がっていた──はずなの、に)

 炎に巻かれて、腕の中で息絶えていくのを看取った。
 もう、自分もダメだと思った時……。

(助けてやるって手を差し出された。どうして俺はあの時、素直に手を取ったんだ?)

 最愛の人が腕の中で息絶えた。だから後を追う覚悟でいたというのに。

(いや……違う。俺はあの時、炎の中で死んだ……)

 すっかり忘れていたことを鴉は思い出し、瓦の上に起き上がった。

(俺はあの時、死んだ……)

 鴉は自分の両手をじっと見つめた。

(どういう……ことだ? 由良(ゆら)は死んだ人間を生き返らせることができるのか?)

 鴉は右手を穴が空くほど視た。

(もしかして……)

 長い間、なにも食べなくても平気だった身体。そのはずなのに、彩名と再会してからはお腹が空いて仕方がない。

(そんな……馬鹿なことが)

 鴉は一つの仮説を立てたが、すぐに否定した。

(由良ほどの力の持ち主なら、死んだ人間を邪刻にすることくらい、朝飯前だろう。現に俺は由良に助けられて、邪刻になった)

 鴉を助けた邪刻・由良。
 長い間、共にしてきたが、鴉には未だに由良の正体が分かっていない。
 人間離れした、美しい女の姿をしている。

(まあ実際、邪刻であって、人間ではないのだがな)

 ふっと自分の思ったことに対して、鼻で笑ってしまった。

(由良がなにを思って俺を助けたのかなんて、由良にしか分からない。……まあ、気まぐれだから助けたんだろうが……)

 それにしても、と鴉は思う。

(執念深い由良からなんの音沙汰がないのは……どうにも嫌な予感がする)

 鴉はもう一度、右手をじっと見た。
 鴉の右中指から伸びていた黒い糸は、今は影も形もない。それなのに、どうしてだろう。ここ数日、この指がむずむずとしているのだ。

(近づいて来ている……のか?)

 気配はまったくないようだが、近くにいるのかもしれない。

(青い糸ってのが妙に引っかかりを覚えるんだよな……)

 鴉は彩名に聞くまで、そんなものが存在していたことを知らなかった。

(青い糸を追えば、由良に行き着くような気がするんだよな)

 由良の元にいるのが嫌になって、由良と繋がっていた黒い糸を断ち切って飛び出してきた鴉。

(黒の次は赤……か)

 鴉は今度は左手を視た。忌々しいほど赤い糸は、鴉をあざ笑うかのように日差しを浴びて、輝いて見えた。

(くっそ……)

 由良と繋がっていた黒い糸のように、今すぐ、断ち切ってしまいたい。

(俺は……だれに縛られることなく、好きなことをしたいんだ)

 鴉は無駄だと知りながら、赤い糸を千切ろうと手を伸ばした。

(ん……?)

 途端、下から風に乗り、いい匂いが漂ってきた。

「お、昼飯か!」

 平日の昼は、彩名が用意してくれている物を食べるだけ。味噌汁なんて面倒で、作って食べない。だが、今日は彩名がいる。

「よっと」

 鴉は屋根から滑り落ちるようにして降りると、一目散に庫裏へと向かった。

「今日のお昼は……」

 庫裏の引き戸を開け、鴉はその光景に固まった。




0 目次   <<前話*     #次話>>




しおりをはさむ


Twitterでつぶやく。

拍手返信 拍手返信




inserted by FC2 system