《七章》「苦手なもの」

0 目次   <<前話*     #次話>>


「………………」
「………………」
 蓮とふたりっきりになった。奈津美はなんとなく居心地が悪くて、席を立ちあがり、段ボール箱の山の中に身を置いてみた。蓮は頭をくしゃっとして、ノートパソコンを見つめた。
「きゃああああ!!!!」
 いきなり、この広い空間に奈津美の絶叫が響いた。
「どうした!?」
 蓮はあわてて立ち上がり、奈津美がいると思われる場所へと急いだが、この段ボール箱の山、なかなかたどりつけない。
「や、いや……!」
 段ボール箱の間をぬって、どうにか奈津美のもとにたどりついたが……。
「なんだ……」
 蓮はほっとため息をついた。
 近くにあった段ボール箱の中に入っていたと思われる新聞紙を丸め、叩いてその叩いた新聞紙で包んでごみ箱に捨ててきた。
「先輩、ごきぶりダメ?」
 蓮はにやにやしながら奈津美に近寄った。
「や、お願い! こないで!!!」
 奈津美は真っ青になって、その場にへたりこんでいた。
「いや、来るなって言われても、先輩、腰抜かしてるでしょ?」
「ほ、ほっといて!」
 と言われても、そんなに唇まで蒼白になって、ぶるぶるしている人を放置しておけないし……。
「でも、いつまでもそこにいたら、またゴキブリ、来るかもしれませんよ?」
 蓮の言葉に、奈津美はさらに顔色を失くし、今にも泣きそうな顔をして蓮を見た。蓮は困ったように髪をくしゃっとして、奈津美をひょいっと抱き上げた。
「!?」
 奈津美は驚いて蓮の腕から逃れようとしたが、思ったより力強くて、抜け出せなかった。
「はいはい、暴れないで。席まで連れていくだけだから」
 女子校育ちの奈津美には、すでにそれだけで心臓がばくばくしていた。絶対このばくばく、蓮にばれている……!
 その瞬間、ふとまた香水の匂いが鼻孔をくすぐった。
 え……この匂い……?
 奈津美はびっくりして、動きを止めた。
「よし、いい子だ。大人しくしててくださいよ」
 蓮は奈津美を抱えたまま歩きだし、奈津美の席に戻って、座らせた。
「あ……ありがとう……」
 奈津美は恥ずかしさのあまり、顔を赤くして、俯いた。
「赤くなってる先輩、かわいいー」
 蓮が奈津美の顔を下から覗きこんでいた。
「!?」
 奈津美はその言葉に、顔がますます赤くなり、熱を持っているのがわかった。
「先輩、男に免疫なさすぎですねー」
 にやにやした顔で、蓮は奈津美を見上げていた。
「ほ、ほっといてよ!」


0 目次   <<前話*     #次話>>





しおりをはさむ


Twitterでつぶやく。

拍手返信
inserted by FC2 system